自動車の最短ルート検索地図を使ってみて気がついたこと

最短ルート検索をしたくて
いくつか地図を使ってみて、気がついたことがありました!

「言われてみれば」とか
「へえ~、そうなんだ」と気がついたことが大きかったので
まとめてみますね^^


できるだけ早く目的地につくように
最短ルート検索できる地図がないかな~

こう思う時って有りますよね?


そこで
最短距離設定のできる地図を探してみました。



スポンサードリンク





使ってみたのは
いつもNAVI
マップファン
ENEOSドライブルート検索
の3つです。

試しに
札幌駅(函館本線)を出発点に
五稜郭駅(函館本線)を目的地に設定して
詳細設定で「最短距離」や「距離優先」といったことを設定し
検索してみました。

すると面白い結果が!


いつもNAVIの結果
総距離  308.7km
所要時間 4時間16分

マップファンの結果

総距離  259km
所要時間 5時間54分

ENEOSドライブルート検索の結果
総距離 243km
所要時間 8時間7分

それぞれバラバラのルート検索結果がでたことが判明!

地図によって
最短ルート計算は変わってくるんですね。

これはちょっと興味深い発見でした。

距離か所要時間か

そしてもう一つ興味深い発見は所要時間。

いつもNAVIは
距離こそ長いですが
一番所要時間が短いです。

反対に
ENEOSドライブルート検索の場合は
総距離が短いものの所要時間がすごく長い!

つまり
最短ルート検索は
距離重視か
所要時間重視かに分かれているんですね~。

そう考えると
ENEOSドライブルート検索は
徹底的に距離重視にこだわってるルート検索地図なんですね~^^;


考えてみたら私の頭のなかは
最短ルート=早くつく

という簡単な公式が入っていたので
このルート検索の結果にはちょっとびっくりしてしまったのですが

距離が短いほうがいいのか
それとも所要時間が短いほうがいいのか
検索する前に考えておいたほうが良かったと思います。


最短と言っても最速ではない、ということですね~。


ということで
最短か最速かで地図は使い分けたほうがいいですし
後は実際に走ってみて走りやすいルートなのかどうかも
ある程度調べておいたほうが良いと思います。

ということで
最短ルート検索地図は
ひとつではなくて

いくつか使ってみるといいかもしれません。




[`buzzurl` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ